日本パートナー社会保険労務士法人

  • 東京都千代田区神田駿河台4-3新お茶の水ビル17F
  • 就業規則|労務相談|雇用管理|就業管理|人事管理|賃金管理|社会保険|労働保険|給与計算|助成金
  • 30人未満|30人〜99人|100人〜299人|300人〜999人
  • 製造業|建設業|小売業|卸売業|旅館・飲食店|サービス業|運送業|金融・保険業|IT関連業|その他

不撓不屈で取り組む!!

PR文

2008年秋以降の急激な輸出の落ち込みで、日本経済はこれまで経験したことのない大きな打撃を受けました。わずか半年で日本の輸出は半減し、それによって国内の鉱業生産はほぼ4割減少しました。 変化の激しさは、人類の歴史で初めての事態であったと云っても過言ではないでしょう。 さらにその過程で、日本の実質GDP(国内総生産)は、10%ほで下落し、景気回復前の状態に後戻りするだろうと云われております。 我がJPA総研グループが長年培って来た実績とノウハウを今こそ発揮し、全顧問先を完全防衛すべく必死で取り組む決意であります。 そして、経営者が自らの力で存続と発展の可能性を見い出し、社員がヤル気を持って経営に参加できるような「本物の経営」を着実に実践するための先見経営、先行管理の仕組みを提案させていただきます。 今後は、中小企業の「経営者支援策」として、MAP経営のMAS監査安心システムとTKCの継続MAS永続発展システムにより、強力で有効な中長期経営計画の策定に基づく計画経営・安心経営の指導業務を将軍の日をスタートに、魂を込めて、取り組む決意でありますので、積極参加の上、ご活用賜りますよう心よりお待ち申し上げます。

専門分野

主な実績

主な経歴

昭和16年6月 福島県二木松市大壇に生まれる 昭和40年3月 中央大学商学部卒業 昭和40年8月 税理士試験合格 昭和41年2月 神野税務会計事務所 開設 昭和45年6月 株式会社TKC入会 導入委員・システム委員・研修所常任講師・TKC全国会役員を歴任 昭和51年1月 株式会社日本パートナー会計事務所設立 代表取締役社長就任 昭和51年2月 社団法人青年会議所運動に没頭し、 二木松JC理事長・日本JC企業コンサルティング部会長を歴任 昭和59年12月 青年会議所を卒業し、同年、同友会運動に参加 その間、福島県中小企業家同友会副理事長を歴任 経営士・社労士・行政書士に登録、JPA士々の会を結成活動中 平成元年4月 福島県中小企業経友プラザ代表幹事、異業種交流カタライザー登録 平成9年8月 株式会社日本パートナー会計事務所代表取締役会長 就任 平成14年3月 中央大学法学部大学院 法学研究科博士号修士課程修了 平成19年4月 尚美学園大学大学院 総合政策研究科教授 就任 現在 税務会計研究学会正会員・租税理論学会正会員・日本税法学会正会員 日本経営士会正会員・日本税務会計学会会員 日本中小企業学会正会員・アジア経済人会議会員 会計事務所後継者問題研究会会長 全日本人事MAS協会理事長 JPA総研グループ 日本パートナー税理士法人代表社員 日本パートナー社会保険労務士法人代表社員 日本パートナー行政書士法人代表社員 (株)ジェーピーエー国際コンサルタンツ代表取締役 JP士々の会会長